アフィリエイトセンター経営者の方はビジネスをシフトすべき。

注:アフィリエイトセンターとは、
多くのアフィリエイター(ネット紹介者)を擁していて
リスト(メールアドレス)を手に入れたい事業主のために
紹介斡旋している業者のこと。

——-

これから無料オプトインのことが
多くの人に知られるようになる。
なぜなら僕も知っているから。
しかも与沢氏が無料オプトインで稼ぐ方法を
“与沢塾2期”で教えてしまっている。
4億円の売上げ(現時点での見込み)があるそうだから、
約2000人はオプトインで
これから稼ごうとしているのが分かる。
与沢塾1期やその他のアフィリエイターの方も入れると
最低3000人は収入を得ている・得ようとする。

『自分のメルアドが売買されている』

それを知る人間は
推定数万人だとにらんでます。
少ない?
いや金儲けになる話は広まるのが早い。

「どんどん参入してくる人が増える=知る人が増える=法的業界に知られる」
コンプガチャというのにも規制が入った!!)

そんなことを知ったらお客さんは、
無料オプトインオファーを怖がって
登録しなくなるだろう。
どんな内容のオファーであっても
こいつらはグルになっていると思う。

お客さんから
メルアドの売買許可をもらっているならOKですが、
まず許可しないでしょうね。

メルアドが売れなければ、
アフィリエイターに紹介料を払えない。
無料でアフィリエイターが宣伝してくれるわけがない!!
(いい内容でしたら僕ならしますけど)

だからアフィリエイトセンターは法的規制が入る前に
今のうちからビジネスをシフトするべきでしょう。
何に?
分かりません。
すいません。

与沢氏は言っている「規制が入る前に稼げ!! 稼げる時に稼げ!!」と。

私はメルアドリストの売買には否定も肯定もしません。
とにかくアフィリエイトセンター(リストハウス)の経営者の方は、
「ビジネスを他へシフトしてほしい」と思っている。

どんどん経営環境が悪化する日本で、
どんなビジネスが儲かるのか?
日々調査です。

海外のマーケットを狙ったビジネスがいいように思えますが、
困難が多いでしょうね。

【後記】
2016年においてアフィリエイトセンターは
まだ十分通用してます。
というよりもリストマーケティングはこれからでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました